情報技術は、先進的なテクノロジーの分野です。クリーンなオフィスで頭脳を活かしてできる仕事というイメージがあります。こうした雰囲気の職場に憧れて、情報技術の分野で仕事を探すエンジニア女性も見られます。しかしいざ働いてみると、ギャップを感じる部分も多いでしょう。情報技術の開発現場は、必ずしもカッコいいものばかりとは限りません。体力勝負な部分もあります。ネットワークサービス開発を行っている職場は、開発スケジュールに追われて忙しい場合もよくあります。

そのような場面では、働くスタイルや格好は気にしていられません。夢中になって、与えられた仕事をこなしていくだけで精一杯です。当初抱いていた開発の仕事とは、大きなギャップが存在する事実をエンジニア女性は知るでしょう。しかし、そのようなギャップを感じながらも、実際には働き続けるエンジニアが多いのも事実です。確かにイメージしていた通りの働き方は難しいですね。それでも逆に、ネットワーク開発の仕事ならではの面白さにも気づきます。開発の仕事で成し遂げた成果が、人の役に立つというのはやりがいがあります。

当初のイメージとは大きなギャップがあったとしても、やはり働く意義ある仕事として捉えるエンジニア女性は多いです。まだ働き始めたばかりの女性エンジニアは、頼りない面もあります。しかし忙しい仕事を乗り越えてきた女性は、仕事の魅力を知りたくましくなって、エンジニアとして頼もしい風格を持ちます。