これまでは男女において仕事によっては職業選択の自由はない場合もあって悩みとなっていましたが、雇用においても男女平等が徹底されてきて、能力次第では叶うようになってきますし、管理職になることも可能となってきています。そういった仕事の中、ネットワークエンジニアというものがありますが、昔は女性は敬遠されることが多かったです。その理由として機械関係の技術職は男性のものだから、男ばかりの中に女が入ってくるとやりにくい、また事故などの可能性もあって危険だということが挙げられてきました。

しかしながら時代の移り変わりによってそういったことがナンセンスとなり、女性でも目指すことが可能となってきているのです。ただ注意点としてはネットワークにせよ、システムにせよ、エンジニアというのは時に深夜でも呼び出されることがあります。将来性のある仕事ではありますが、その一方で過酷なものでもあり、技術は常に進歩しているので、それに対応できるだけの努力も必要となってきて、仕事だけではなく勉強をすることも重要なポイントとなってくるのです。こういったことを知っておくことが重要となってきて、対応できる柔軟性も求められる資質となってきます。仕事に関して男女の違いがそれほど出るものではなく、徹底して学ぶこと、知識を蓄えることが大切になってくるのです。ただエンジニアとして働くだけではなく、その先を目指して努力し、女性特有の観点を活かした仕事をこなし成果を得ることが必要となってきます。